産経ニュース

【台風12号】山口県沖を北上 中心気圧1002hPa 夜には熱帯低気圧に変わる見込み

ニュース 社会

記事詳細

更新

【台風12号】
山口県沖を北上 中心気圧1002hPa 夜には熱帯低気圧に変わる見込み

 台風12号は5日未明に長崎市付近に上陸し、その後、山口県の西海上を北上した。台風や暖かく湿った空気が流れ込む影響で、西日本で大雨となる恐れがあり、気象庁は土砂災害や河川の増水などに警戒を呼び掛けている。

 台風12号は5日午前7時現在、山口県下関市の西約70キロを時速約20キロで北に進んだ。中心気圧は1002ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心から半径60キロ以内は、風速15メートル以上の強い風が吹いている。5日夜には山陰沖の日本海で熱帯低気圧に変わる見込み。

 台風から離れた四国から東海でも6日にかけて大気の状態が非常に不安定になり、大雨になる所がある。

 6日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で四国150ミリ、近畿120ミリ、九州北部、中国、東海100ミリ。

「ニュース」のランキング