産経ニュース

【北海道・岩手大雨】安否不明 氏名非公表に 茨城の教訓生かされず

ニュース 社会

記事詳細

更新

【北海道・岩手大雨】
安否不明 氏名非公表に 茨城の教訓生かされず

 高齢者グループホームで9人が死亡するなど甚大な被害の出た岩手県岩泉町。町災害対策本部は1日、連絡が取れない安否不明者の数を17人と発表したが、「個人情報保護」を理由に氏名は非公表とした。

 非公表の理由について、同本部は「個人情報保護の観点から、まずは内部情報にとどめる」と説明。さらに、17人中2人は名字しか判明しておらず、「混乱を避けるため」とした。被災していない人が含まれている可能性もあるという。

 同本部によると、17人の大半は孤立した集落に住んでおり、(1)家族らから町に「連絡が取れない」と報告があった人(2)一人暮らしの高齢者など町が「見守りが必要」と把握している人のうち避難者の名簿に載っていない人-のいずれか。伊達勝身町長によると、安否確認は2日夕に終了する見込み。今後、戸別訪問で安否を確認し、行方不明が確認された場合は氏名を公表する方針という。

 平成27年9月の東日本豪雨では、茨城県常総市が個人情報保護を理由に、行方不明者の氏名を公表しなかった。しかし、氏名を公表すれば本人や家族などが名乗り出て、安否が早く確認できたなどの批判が相次いでいた。

このニュースの写真

  • 安否不明 氏名非公表に 茨城の教訓生かされず

「ニュース」のランキング