産経ニュース

【シー・シェパード】国際手配の創設者ワトソン容疑者が米国に潜入 日本が身柄移送要請へ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【シー・シェパード】
国際手配の創設者ワトソン容疑者が米国に潜入 日本が身柄移送要請へ

ポール・ワトソン容疑者 ポール・ワトソン容疑者

 ワトソン容疑者はその後、米国滞在を経て14年7月にフランスへ移住。パリで知り合ったロシア人女性と結婚し、SSの広告塔として仏国内で活動していた。反捕鯨政策を取る仏政府は日本政府の身柄移送要求を拒否している。

 SS関係者は産経新聞の取材に、ワトソン容疑者は「安全に米国に入国した」と確認。さらに、ドイツで拘束された際に押収された出身国カナダの旅券について、カナダ緑の党のメイ党首が「保証人」となって、「今年6月に再発行された」とも答えた。

 ワトソン容疑者は、このカナダ旅券を使って米国に入った可能性がある。同容疑者は妻とともに今後、東部バーモント州に居を構える予定という。

 世界各国に支部を構えるSSにとって、米国支部は最大の収入規模を誇る。税金が控除されるなどの特別な非営利団体(NPO)に指定されており、近年の年間収入は1300万ドル(約13億円)を超えていた。

 しかし、ワトソン容疑者が国際手配を受け、移動制限されるなどした後は、収入は400万ドル(13年)にまで減少。同容疑者の米国入りは、米国で収入面でのてこ入れを図るのが目的の一つとみられている。

「ニュース」のランキング