産経ニュース

【シー・シェパード】国際手配の創設者ワトソン容疑者が米国に潜入 日本が身柄移送要請へ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【シー・シェパード】
国際手配の創設者ワトソン容疑者が米国に潜入 日本が身柄移送要請へ

ポール・ワトソン容疑者 ポール・ワトソン容疑者

 【リオデジャネイロ=佐々木正明】反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の創設者で、国際刑事警察機構(ICPO)が国際手配をしているポール・ワトソン容疑者(65)が8月下旬に逃亡先のフランスを離れ、米国に入国していたことが分かった。複数の関係者が30日に認めた。日本政府は今後、日米間の犯罪人引き渡し条約などを根拠に、米国政府に対してワトソン容疑者の身柄移送を要請していくとみられる。

 SS米国支部は日本鯨類研究所などと、南極海の調査捕鯨に対する妨害を「永久的に」行わないことで合意したばかり。しかし、合意はあくまでSS米国支部だけに適用されるもので、SSのオーストラリア支部は30日、今冬の妨害活動に特注の高速船を初めて投入すると発表するなど、着々と準備を進めている。

 ワトソン容疑者は日本と中米コスタリカから逮捕状が出ており、2012年5月に立ち寄ったドイツで、同国の治安当局に身柄を拘束されたが、保釈中にドイツ国外に逃亡。ICPOは事態を受け、加盟国に同容疑者の情報を求める「青手配」から国際逮捕手配(赤手配)に切り替えた。

続きを読む

「ニュース」のランキング