産経ニュース

中学生マット死めぐり再び賠償命令 関与否定の2人に山形地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


中学生マット死めぐり再び賠償命令 関与否定の2人に山形地裁

 山形県新庄市立明倫中学校で平成5年、体育用マットの中で1年の児玉有平さん=当時(13)=が死亡した事件を巡り、民事訴訟で確定した賠償金計約5760万円の支払いに応じていない当時の生徒2人に遺族が同額の損害賠償を求めた訴訟の判決で23日、山形地裁は請求通り賠償を命じた。訴訟で2人は事件への関与を否定していた。

 逮捕・補導された元生徒7人に遺族が損害賠償を求めた訴訟は17年、全員に計約5760万円の賠償を命じた仙台高裁判決が確定。しかし時効となる昨年9月までに支払われず、3人には強制執行もできなかったとして、遺族が賠償請求権の消滅を防ぐため再び提訴した。その後、1人は給与差し押さえの手続きが確認され、取り下げた。

 17年の民事訴訟の確定判決によると、7人は5年1月13日、体育館用具室で、巻いて立て掛けてあったマット内に児玉さんを逆さに入れ、窒息死させた。

「ニュース」のランキング