産経ニュース

北海道盲導犬協会も調査へ 地下鉄の男性転落死亡事故

ニュース 社会

記事詳細

更新


北海道盲導犬協会も調査へ 地下鉄の男性転落死亡事故

 東京都港区の東京メトロ銀座線青山一丁目駅で、盲導犬を連れた男性がホームから転落し、電車にひかれて死亡した事故で、犬を訓練した北海道盲導犬協会(札幌市)が月内にも検証チームを立ち上げ、事故状況を独自に調べることが22日、同協会への取材で分かった。

 チームは、同協会副会長の弁護士をトップに、同協会の盲導犬歩行指導員や道内の視覚障害者団体関係者で構成する方向で調整中。現場のホームなどで当時の状況を調べる。同協会の和田孝文訓練所長は「どうして落ちたのか、可能な限り解明したい」と話している。

 同協会は、3月に男性が北海道江別市から東京都世田谷区に転居した際に、男性と盲導犬と共に通勤ルートの危険箇所を確認していたという。

 事故は15日に発生。東京視覚障害者協会や全国61の視覚障害者団体が加盟する日本盲人会連合が既に現地調査を実施している。

「ニュース」のランキング