産経ニュース

ホームの危険調査求め声明 盲導犬男性転落で日盲連

ニュース 社会

記事詳細

更新


ホームの危険調査求め声明 盲導犬男性転落で日盲連

15日、盲導犬を連れた男性がホームから転落した東京メトロ銀座線青山一丁目駅=東京都港区 15日、盲導犬を連れた男性がホームから転落した東京メトロ銀座線青山一丁目駅=東京都港区

 東京メトロ銀座線の駅で盲導犬を連れた男性(55)がホームから転落して死亡した事故を踏まえ、全国61の視覚障害者団体が加盟する日本盲人会連合が22日までに、ホームの危険箇所の実態調査や、転落を防止するホームドアの早急な設置など13項目の対応を国土交通省や鉄道事業者に求める声明を公表した。

 同連合は19日、事故現場となった東京都港区の青山一丁目駅を調査しており、結果と併せて月内にも国交省や鉄道事業者に声明を提出する。

 声明は、竹下義樹会長の名でホームページ上に公表。「安全な移動と歩く権利を保障するため、抜本的な対策を強く求める」とし、全ての駅に安全監視員を配置することや、ホーム上での歩きスマホを禁止することなども盛り込んだ。

 事故は15日午後5時45分ごろ、青山一丁目駅で発生。盲導犬を連れた男性が転落し、直後に進入してきた電車にひかれ死亡した。ホームドアはなかった。

「ニュース」のランキング