産経ニュース

【脱原発テント】「覚悟していたが悔しい」 3時間以上に及ぶ強制撤去で景色一変

ニュース 社会

記事詳細

更新

【脱原発テント】
「覚悟していたが悔しい」 3時間以上に及ぶ強制撤去で景色一変

 脱原発を訴える市民が国への抗議の拠点として設置していたテントの強制撤去が終わった経産省=21日午前4時52分、東京・霞が関  脱原発を訴える市民が国への抗議の拠点として設置していたテントの強制撤去が終わった経産省=21日午前4時52分、東京・霞が関

 夜が明け、周囲が明るくなったころ、3時間以上に及ぶ作業が終わった。21日の東京地裁による脱原発テントの強制撤去。テントが張られていた経済産業省の敷地は、フェンスで囲まれた景色に様変わりした。テントに泊まり込んで脱原発を訴えてきた市民からは「覚悟はしていたけど悔しい」との声が漏れた。

 「これから執行します。私物を持って出てください」。午前3時半すぎ、東京地裁の執行官らが一気にテントを取り囲み、瞬く間にバリケードが設置された。

 テント内で寝泊まりしていた数人は外に出され、「脱原発テント」と書かれた横断幕が下ろされるのを、ぼうぜんと見詰めていた。

 数十人の警備員が周囲を固める物々しい雰囲気。立ち入りを規制した敷地内で写真を撮影しようとした男女が、執行官ともみ合いになる一幕もあった。

このニュースの写真

  • 「覚悟していたが悔しい」 3時間以上に及ぶ強制撤去で景色一変
  • 「覚悟していたが悔しい」 3時間以上に及ぶ強制撤去で景色一変
  • 「覚悟していたが悔しい」 3時間以上に及ぶ強制撤去で景色一変
  • 「覚悟していたが悔しい」 3時間以上に及ぶ強制撤去で景色一変

「ニュース」のランキング