産経ニュース

国鉄時代から使用の気動車が雨漏り…出発遅れる 老朽化が原因か JR北海道

ニュース 社会

記事詳細

更新


国鉄時代から使用の気動車が雨漏り…出発遅れる 老朽化が原因か JR北海道

 16日午前11時25分ごろ、北海道北見市のJR石北線北見駅に停車していた網走発遠軽行き普通列車(1両編成)の天井から、雨水が漏れているのが見つかった。JR北海道は別の車両に交換して運転し、北見駅出発が37分遅れた。

 JR北海道によると、車両の雨漏りが原因で列車が遅れるのは珍しい。雨漏りしていたのは、運転席後方にある運賃箱付近の天井で、運転士が気付いた。約40年前の国鉄時代から使用しているディーゼル車(気動車)だったといい、同社は車両の老朽化が原因とみている。

 網走地方気象台によると、北見市内では午前11時ごろから雨が降っていたものの、強い雨ではなかった。

「ニュース」のランキング