産経ニュース

【相模原19人刺殺】彫り師に弟子入り、薬物の影…「サト君がバグった」 何が転落へと導いたのか

ニュース 社会

記事詳細

更新

【相模原19人刺殺】
彫り師に弟子入り、薬物の影…「サト君がバグった」 何が転落へと導いたのか

津久井警察署に戻る植松聖容疑者=27日午後、相模原市緑区(早坂洋祐撮影) 津久井警察署に戻る植松聖容疑者=27日午後、相模原市緑区(早坂洋祐撮影)

 彫師の夢は、ほどなくして挫折。教育実習も経て教職免許を取得したが、最終的には平成24年12月に事件現場となった障害者施設「津久井やまゆり園」に就職した。

タロットカード提示

 就職後は薬物の影がちらつくようになっていた。植松容疑者が通っていたクラブ関係者は「2~3年前から植松容疑者らの間で危険ドラッグがはやっていた」と声を潜める。別の知人は「絵に描いたような麻薬中毒者」と断言。「大麻以外にも手を出していただろう」と話す。

 措置入院が始まった今年2月ごろから、同級生や後輩の間では、植松容疑者の異常性が話題になっていた。

 後輩に突然、「障害者をどう思うか」と尋ねたかと思えば、タロットカードを見せて「これが将来の横浜だ」と熱を込める。「売られたけんかは買うんだ」と熱弁し始めたこともあったという。

 「サト君(植松容疑者)がバグった」と友人はささやき合った。「バグった」とは「異常」を意味する隠語だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 彫り師に弟子入り、薬物の影…「サト君がバグった」 何が転落へと導いたのか
  • 彫り師に弟子入り、薬物の影…「サト君がバグった」 何が転落へと導いたのか
  • 彫り師に弟子入り、薬物の影…「サト君がバグった」 何が転落へと導いたのか

「ニュース」のランキング