産経ニュース

オリンパス粉飾決算報道で日経新聞に33万円賠償命令

ニュース 事件

記事詳細

更新


オリンパス粉飾決算報道で日経新聞に33万円賠償命令

 オリンパス旧経営陣の粉飾決算を助けたとして、金融商品取引法違反などの幇助罪で有罪判決を受けた元証券会社役員(66)が、裁判の記事を巡り名誉を傷つけられたとして、日本経済新聞社に550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は20日、33万円の支払いを命じた。

 元役員は謝罪広告の掲載も求めたが、中吉徹郎裁判長は「著しい名誉毀損(きそん)状態が続いているとは言い難い」と退けた。

 元役員が平成26年12月8日に東京地裁で有罪判決を受けた際、日経新聞は「判決によると、被告はオリンパスが国内企業3社を買収したことに伴うのれん代を架空計上するなどの手法で純資産を水増し計上するのをほう助した」と報じたが、この判決は、国内企業3社の買収によるのれん代の架空計上を幇助したとは認めていなかった。

 日本経済新聞社広報室は「判決内容を検討し、適切に今後の対応を決めたい」としている。

「ニュース」のランキング