産経ニュース

窃盗容疑でベトナム人男性を誤認逮捕 3時間後に釈放、逃げたのは「オーバーステイのため」

ニュース 事件

記事詳細

更新


窃盗容疑でベトナム人男性を誤認逮捕 3時間後に釈放、逃げたのは「オーバーステイのため」

 群馬県警太田署が窃盗の疑いで同県太田市のベトナム人の無職男性(23)を誤認逮捕し、約3時間後に釈放していたことが15日、分かった。県警が明らかにした。

 県警によると、平成25年に市内の商店で万引した窃盗容疑で20代の別のベトナム人男の逮捕状を取り、今月14日、署員が男のアパートを訪れた。同居していたとみられる無職男性が逃げようとし、身柄を確保。男の保険証を所持していた上、本人と認めたため午前7時すぎに逮捕した。

 無職男性は窃盗容疑を否認。さらに確認を進めた結果、別人と判明し午前10時すぎに釈放した。

 無職男性は旅券を所持しておらず、署は14日夜、入管難民法違反の疑いで改めて逮捕した。無職男性は「オーバーステイが分かってしまうので逃げようとした」と話しているという。

 太田署の萩原義征副署長は「指導を徹底し、再発防止に努める」とのコメントを出した。

「ニュース」のランキング