産経ニュース

キャンプ場でアダルトビデオ撮影、大量52人を書類送検 出演強要事件に絡み

ニュース 事件

記事詳細

更新


キャンプ場でアダルトビデオ撮影、大量52人を書類送検 出演強要事件に絡み

 警視庁保安課は8日までに、神奈川県内のキャンプ場の屋外でアダルトビデオ(AV)を撮影したとして、公然わいせつと同ほう助の容疑で、AV制作会社「CA」(東京都港区)の40代男性社長や女優、男優ら52人を書類送検した。

 所属していた女性を実際の性行為を含むAV撮影に派遣したとして、大手AVプロダクション「マークスジャパン」の元社長らが逮捕された事件に絡み発覚した。

 同課によると、公然わいせつ容疑で書類送検したのは、男性社長らCA関係者の7人と出演男女31人。公然わいせつ幇助容疑で女性をCAに派遣した容疑で、逮捕・略式起訴されたマークスジャパンの元社長ら2人や、撮影スタッフら10人を送検した。

 キャンプ場は2日間貸切にしていたが、敷地内に人が入れる状態だった。CAの7人は「見張りを立てて一般の人が入れないようにしたので、公然わいせつにならない」と容疑を否認している。CAは「DMM・com」グループで、業界最大手。DVDは2枚組で販売された。

 書類送検容疑は、平成25年9月30日と10月1日、神奈川県相模原市内の屋外キャンプ場で、AV制作のために男女のわいせつな行為を撮影したなどとしている。このAV撮影に参加した女性が昨年12月、出演を強要されたと同庁に相談していた。

「ニュース」のランキング