産経ニュース

【ダッカ人質テロ】犠牲の日本人7人、無念の帰国 政府専用機で羽田空港に到着 警察当局が司法解剖へ 

ニュース 事件

記事詳細

更新

【ダッカ人質テロ】
犠牲の日本人7人、無念の帰国 政府専用機で羽田空港に到着 警察当局が司法解剖へ 

バングラデシュ銃撃事件の犠牲者が納めれた棺に献花する岸田文雄外相=5日午前、羽田空港(松本健吾撮影) バングラデシュ銃撃事件の犠牲者が納めれた棺に献花する岸田文雄外相=5日午前、羽田空港(松本健吾撮影)

バングラデシュの飲食店襲撃テロで、犠牲となった7人の遺体と遺族らは5日早朝、政府専用機で羽田空港に到着した。神奈川県警などの合同捜査本部は遺体を司法解剖して死因の特定を急ぐとともに、刑法の国外犯規定を適用し、殺人容疑などで捜査する方針。

 テロで負傷した渡辺玉興さんも同日、政府専用機の前に別の医療専用機で羽田空港に到着し、車両で運ばれた。捜査本部は今後、渡辺さんから話を聴くなどして当時の状況を詳しく調べる。

 空港に到着した遺族らはタラップを下りてバスに乗り込み、先導車に続いて貴賓室に向かった。岸田文雄外相や国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長らが空港の駐機場で、ひつぎの7人に献花した。

 政府は5日朝、事件を受けた関係閣僚会議を官邸で開いた。岸田氏は献花後、外務省で記者団に「残虐非道なテロで尊い命を奪われたことは痛恨の極みだ。深い悲しみと強い憤りを感じた」と語った。

このニュースの写真

  • 犠牲の日本人7人、無念の帰国 政府専用機で羽田空港に到着 警察当局が司法解剖へ 
  • 犠牲の日本人7人、無念の帰国 政府専用機で羽田空港に到着 警察当局が司法解剖へ 

「ニュース」のランキング