産経ニュース

【目黒バラバラ遺体】切断にのこぎりなど複数の刃物使用か 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【目黒バラバラ遺体】
切断にのこぎりなど複数の刃物使用か 

 東京都目黒区の区立碑文谷公園内の池で、無職の阿部祝子(ときこ)さん(88)の切断遺体が見つかった事件で、切断にのこぎりなど複数の刃物が使われたとみられることが1日、捜査関係者への取材で分かった。阿部さんは6月20日朝までには事件に巻き込まれていた可能性が高く、警視庁碑文谷署捜査本部は、この時期の前後にのこぎりを購入した人物がいなかったかなど、不審者情報の収集を進めている。

 捜査本部はこれまでに池から阿部さんの頭部、胴部、両腕、両脚など、ほぼ1体分を発見。大半が関節に沿って切断されており、両腕は上腕部、肘下、手首に分かれていた。皮膚などがなく、ほぼ骨だけの状態の部位もあった。捜査関係者によると、切断面の形状などから、のこぎりを含む数種類が使われたとみられることが分かった。捜査本部は3日に警察官を50人規模で投入して池を捜索する予定で、残りの部位などの発見を急ぐ。

「ニュース」のランキング