産経ニュース

【目黒バラバラ遺体】世田谷区在住の88歳無職女性と判明 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【目黒バラバラ遺体】
世田谷区在住の88歳無職女性と判明 

バラバラになった遺体が見つかった碑文谷公園の池をボートで捜索する捜査員ら=23日午後、東京都目黒区(福島範和撮影) バラバラになった遺体が見つかった碑文谷公園の池をボートで捜索する捜査員ら=23日午後、東京都目黒区(福島範和撮影)

 東京都目黒区の区立碑文谷公園内の池で切断された女性の遺体が見つかった事件で、警視庁碑文谷署捜査本部は27日、遺体が世田谷区野沢の無職、阿部祝子(ときこ)さん(88)と判明したと発表した。阿部さんは1人暮らしで、家族と19日夜に自宅マンションで会って以降、連絡がつかなくなっていたといい、捜査本部が当時の詳しい経緯を調べる。

 捜査本部によると、26日昼に阿部さん宅を訪れた清掃用具レンタル業者が、阿部さんと連絡がつかないと警視庁に連絡。阿部さん宅を管轄する世田谷署員が別の場所に住む阿部さんの家族とともに室内に入り、不在を確認した。

 阿部さんには歯の治療歴があるなど、今回見つかった切断遺体の特徴と一致する点があった。捜査本部がマンション室内から採取した阿部さんの微物をDNA型鑑定したところ、遺体のものと合致したという。

 レンタル業者は、20日午前にも阿部さん宅を訪れていたが、このときも阿部さんと連絡がつかなかった。阿部さんと事前に約束をして設定した日だったといい、捜査本部はこの時点で阿部さんが事件に巻き込まれていた可能性が高いとみている。

「ニュース」のランキング