産経ニュース

【B-CAS不正事件】佐賀市17歳少年が学校システムにも侵入 成績など個人情報21万ファイルを入手し仲間と共有 

ニュース 事件

記事詳細

更新

【B-CAS不正事件】
佐賀市17歳少年が学校システムにも侵入 成績など個人情報21万ファイルを入手し仲間と共有 

 佐賀県内の県立高校の生徒の住所や成績などを管理するシステムに侵入したとして、警視庁と佐賀県警の合同捜査本部は27日、不正アクセス禁止法違反容疑で、佐賀市の無職少年(17)を再逮捕した。少なくとも6校分の生徒や保護者の個人情報などが入った21万ファイルを入手し、仲間と共有していた。警視庁サイバー犯罪対策課によると、少年は容疑をおおむね認めている。

 侵入されたのは県が独自に構築した「教育情報システム」。生徒と教諭のそれぞれに専用ページがあり、生徒はデジタル教材のダウンロード、教諭は生徒の個人情報や成績管理などができる。利用にはIDとパスワードが必要となる。

 同課によると、少年は教諭のページにログインし、成績や生徒指導関連書類のほか、職員や保護者の住所や電話番号などを自分のサーバーに保存していた。あらかじめ何らかの方法で得た生徒のアカウント情報を使ってシステム内に侵入。システム内に保存されていた教諭のページにログインするためのIDやパスワード情報を含むデータファイルを解析していたとみられる。

続きを読む

「ニュース」のランキング