産経ニュース

793万人分の個人情報流出…JTB、対応後手に 巧妙な標的型メール「脅威を十分に認識していなかった」

ニュース 事件

記事詳細

更新


793万人分の個人情報流出…JTB、対応後手に 巧妙な標的型メール「脅威を十分に認識していなかった」

不正アクセスによって大量の個人情報が流出し、会見するJTBの高橋広行社長=14日午後、東京都千代田区(桐原正道撮影) 不正アクセスによって大量の個人情報が流出し、会見するJTBの高橋広行社長=14日午後、東京都千代田区(桐原正道撮影)

 JTBの対応は遅かった。同月19日には外部のセキュリティー会社から不審な通信があることを知らされていたにもかかわらず、完全に通信を遮断したのは個人情報がコピーされた同月21日よりも後だった。この間にサーバーを遠隔操作されたとみられ、1人しかアクセス権限のないサーバーから顧客データをコピーされた。通信記録の設定も甘く、外部に流出したかどうかさえ「確認できない」という。

 届いたメールは世界中のいくつものサーバーを経由しているものとみられ、発信源を突き止めるのは困難を極める。

 JTBのIT企画担当役員、金子和彦氏は14日の記者会見で、「標的型ウイルスの脅威を十分に認識していなかった」と対応の悪さを認めざるを得なかった。

このニュースの写真

  • 793万人分の個人情報流出…JTB、対応後手に 巧妙な標的型メール「脅威を十分に認識していなかった」

「ニュース」のランキング