産経ニュース

能代の海岸、失踪関係か 特定失踪者問題調査会が現場検証 松橋さん失踪と北工作員遺体発見の現場近接

ニュース 事件

記事詳細

更新


能代の海岸、失踪関係か 特定失踪者問題調査会が現場検証 松橋さん失踪と北工作員遺体発見の現場近接

松橋恵美子さん 松橋恵美子さん

 調査会によると、平成2(1990)年に2人、3年に4人、4年に松橋さんが行方不明になっている。不明になった地域はそれぞれ別で、年齢は18歳から27歳まで。若い女性が集中的に消息を絶ったケースは1980年代にもみられ、北朝鮮による拉致と仮定した場合、目的の一つに「結婚相手として若い女性を連れてこい」との指示があった可能性も考えられる。

 90年代初めに行方不明になった女性7人の中で、河田君江さん(49)=失踪当時(23)=と清水桂子さん(47)=同(22)=の2人については、松橋さんの失踪と状況が似ている。

 3人とも遺留品として車が残され、さらに車が置かれたのは普段立ち寄らない場所だった。例えば清水さんは仕事を終えて自宅に向かっていたが、自宅とは逆方向にある場所に車が置かれていたという。

 調査会の荒木和博代表は「同時期に異なる場所で若い女性がいなくなり、同じような失踪をしているということは、組織的な関与があるのではないか」と推測。立ち寄り先でない場所に車があった点については、「車があれば家族らの関心がそこに集まる。拉致とした場合、捜査を遅らせるという目的があったのではないか」と犯行場所偽装の可能性を指摘した。

このニュースの写真

  • 能代の海岸、失踪関係か 特定失踪者問題調査会が現場検証 松橋さん失踪と北工作員遺体発見の現場近接

「ニュース」のランキング