産経ニュース

長野県内で大幅上昇 30年以内の震度6弱以上の発生確率 地震調査委の予測

ニュース 事件

記事詳細

更新


長野県内で大幅上昇 30年以内の震度6弱以上の発生確率 地震調査委の予測

 政府の地震調査委員会は10日、今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示した全国地震動予測地図の2016年版を公開した。関東地域の活断層評価を反映させた結果、前回14年版と比べ、長野県安曇野市で19.1%から29.5%へと大きく上昇した。和歌山市や高知市など、南海トラフ沿いの地域もわずかに上昇した。

 算定基準日は今年1月1日で、4月に発生した熊本地震の影響は加味されていない。今後、震源となった断層帯の調査をし、結果を反映させる。

 熊本市は7.6%(7.8%)など、九州北部ではわずかに減少していたが、実際に大地震が起きた。調査委は「8%より低いところでも大きな地震が起きたということを認識し、防災に役立ててほしい」としている。

 最新版は防災科学技術研究所のホームページで公開。住所から発生確率を検索できる。アドレスはhttp://www.j-shis.bosai.go.jp/

「ニュース」のランキング