産経ニュース

【舛添氏追及・都議会一般質問(2)】都議からは「不支持率100%」といわれ、「真摯に向き合う姿勢なくなり猛省」 

ニュース 事件

記事詳細

更新

【舛添氏追及・都議会一般質問(2)】
都議からは「不支持率100%」といわれ、「真摯に向き合う姿勢なくなり猛省」 

【舛添要一東京都知事】自民党の田中たけし氏からの質問を受ける舛添要一東京都知事=8日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影) 【舛添要一東京都知事】自民党の田中たけし氏からの質問を受ける舛添要一東京都知事=8日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影)

 「公用車問題は、毎週末のように(神奈川県)湯河原町の別荘を毎週末のように訪れ、わが党の再三の警告にも何ら問題ないと主張されてきました。知事自ら問題ををいたずらに大きくし、身から出たさびであります」

 「知事は幼いころから頭も良く、勉強もでき、総理大臣候補にも選ばれたことがあるほど、その能力の高さは折り紙付きだと思いますが、その半面、プライドが高く、自らの間違いをなかなか認められないのではないでしょうか。実際、定例会見ではマスコミの質問に対して攻撃的になることがあります」

 「一連の公私問題、中でも知事就任以前の政治資金の問題に対し、一部会派からは百条委員会で議論すべきとの発言もあります。地方自治法の第100条を見てみますと、『普通地方公共団体の議会は、当該地方公共団体の事務に関する調査を行うことができる』と書かれております。私は法律の専門家ではないので、率直にうかがいますが、果して、参院議員時代の政治資金の問題を、都議会の百条委員会で議論することはなじむものなのか。総務局長にうかがいます」

 「防災対策に関連し、公用車使用についてうかがいます。知事はこれまで『公用車は動く知事室』と強気の発言を繰り返し、危機管理に問題はないと答えておりました。都民には災害時の自助共助を求めていながら、自らは防災意識が全く欠けているとしかいいようがありません」

「ニュース」のランキング