産経ニュース

【舛添氏追及・都議会一般質問(2)】都議からは「不支持率100%」といわれ、「真摯に向き合う姿勢なくなり猛省」 

ニュース 事件

記事詳細

更新

【舛添氏追及・都議会一般質問(2)】
都議からは「不支持率100%」といわれ、「真摯に向き合う姿勢なくなり猛省」 

【舛添要一東京都知事】自民党の田中たけし氏からの質問を受ける舛添要一東京都知事=8日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影) 【舛添要一東京都知事】自民党の田中たけし氏からの質問を受ける舛添要一東京都知事=8日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影)

 《政治資金や公用車などの「公私混同」疑惑が指摘されている東京都の舛添要一知事を追及する都議会の一般質問。8日は、全会派から15人が登壇することが予定されている。議場では2人目の自民党、田中豪都議の質問が始まった》

 田中氏「基本姿勢についてうかがいます。都議会は都政の発展に努める責任があり、都民福祉の発展について議論をしなければいけませんが、知事の一連の疑惑に関し、非生産的な議論を繰りかえさなければならないことを残念に思います」

 「私の地元、品川区で先日行われたイベントに参加しましたが、そこでの知事の不支持率は100パーセントでありました。これが都民の声であり、知事は謙虚に受け止めるべきです。知事がおっしゃる第三者の厳しい目による調査報告書が一昨日(6日)にはまとめられましたが、知事には第三者の弁護士ではなく、都民の厳しい目をより謙虚に受け止めるべきであります」

 「都政には都民との信頼、職員との信頼関係が必要不可欠であります。法的に触れなくても、信頼されなければ意味がないのです。知事は失われた信頼に、どのように答えていこうとしているのかうかがいます」

「ニュース」のランキング