産経ニュース

「関東の水がめ」矢木沢ダムの貯水率、わずか24% 夏場の「渇水」心配、梅雨の雨も期待薄…

ニュース 事件

記事詳細

更新


「関東の水がめ」矢木沢ダムの貯水率、わずか24% 夏場の「渇水」心配、梅雨の雨も期待薄…

貯水率50パーセントを割った時の矢木沢ダム=5月27日、みなかみ町 貯水率50パーセントを割った時の矢木沢ダム=5月27日、みなかみ町

 関東甲信地方は5日、平年より3日早く梅雨入りした。しかし、5月の降水量が平年の5割以下という少雨のため、「関東の水がめ」である利根川上流のダム群にある矢木沢ダム(群馬県みなかみ町)の貯水率が6日に24パーセントまで減少。冬の記録的雪不足も響き、この時期として水がめの水量は、異例の少なさとなっている。梅雨の降水量によっては、この夏は渇水の恐れも出てきた。(前橋支局 橋爪一彦)

 矢木沢ダムの貯水率が50パーセントを切ったのが5月27日。ゴールデンウイーク中、満々と水をたたえていた湖面は大きく低下し、6日にはついに24%を記録。ダムサイトの傾斜地は茶色い土がむき出しになり、大量の流木が干からびて顔を出している。山の緑は色濃く、雪は山頂付近にほんのわずか残るだけだった。

 国土交通省関東地方整備局利根川ダム統合管理事務所によると、今冬の藤原ダム(みなかみ町)の累積降雪量は342センチで過去58年間で最も少なかった。尾瀬沼(片品村)の積雪は最大172センチで過去62年で最も浅かった。

このニュースの写真

  • 「関東の水がめ」矢木沢ダムの貯水率、わずか24% 夏場の「渇水」心配、梅雨の雨も期待薄…

「ニュース」のランキング