産経ニュース

【北海道男児不明】家族に笑顔 函館市の病院で治療 道警、回復待ち事情聴く

ニュース 事件

記事詳細

更新

【北海道男児不明】
家族に笑顔 函館市の病院で治療 道警、回復待ち事情聴く

陸上自衛隊駒ケ岳演習場で6日ぶりに保護され、ドクターヘリで病院に向かうためストレッチャーで搬送される田野岡大和君=3日午前、北海道鹿部町(地元消防提供) 陸上自衛隊駒ケ岳演習場で6日ぶりに保護され、ドクターヘリで病院に向かうためストレッチャーで搬送される田野岡大和君=3日午前、北海道鹿部町(地元消防提供)

 北海道七飯町で行方不明になり6日ぶりに鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場で保護された北斗市の小学2年田野岡大和君(7)は3日午後も、搬送先の函館市内の病院で治療を受けた。家族と面会した際には笑顔を見せたといい、道警は回復を待って本人から事情を聴き、置き去りになってから演習場に着くまでの詳しい足取りを調べる。

 病院によると、田野岡君は体温の低下や脱水症状も見られ点滴を受けた。命には別条はないものの、少なくとも1日は入院するという。道警や陸自によると、28日夕に置き去りになった七飯町の山中から演習場までは直線で約5キロ離れ、道に沿って歩くと10キロはある。

 道警は父親が「しつけの意味を込めて置き去りにした」と説明していたことから、保護責任者遺棄容疑に当たるか慎重に調べていた。しかし、車から降ろして約5分で現場に戻ったことから「立件する必要はない」(道警幹部)との意見があるという。

「ニュース」のランキング