産経ニュース

【舛添知事公私混同疑惑】「裏切られた」自公も追及姿勢  

ニュース 事件

記事詳細

更新

【舛添知事公私混同疑惑】
「裏切られた」自公も追及姿勢  

 「納得した都民はいないのではないか。私も説明責任が果たされたとは思っていないし、納得もしていない」。舛添氏の所信表明後、最大会派である自民の宇田川聡史幹事長は、知事の姿勢を強く批判した。

 宇田川氏は、集中審議など舛添氏の追及を行う“次の一手”について、「すでにいくつかのパターンの検討に入っている」と言及。ただ、具体的な検討内容については「持っているカードを全部さらしてポーカーゲームはできない」とはぐらかした。

 追及に向けては、共産が要望する百条委員会の設置が取り沙汰されるが、宇田川氏はこの日も、百条委での政治資金の追及について「手続き論があり難しい」と言及、慎重な姿勢を崩さなかった。

 百条委は強い調査権を持つ一方、対象を「地方公共団体の事務に関する調査」に限っており、参院議員時代の政治資金を調べることは「なじまない」(宇田川氏)という。

 公明の長橋桂一幹事長は「(説明より)おわびの時間の方が多かった。(疑惑の)内容については全く明らかになっていない」と指摘。集中審議や百条委については「代表・一般質問で明らかにならなければ、追及をやめるわけにいかない」と設置をほのめかしたが、決断はあくまで代表質問などを終えた後に行うべきだとのスタンスだ。

「ニュース」のランキング