産経ニュース

女性の再婚禁止期間100日 改正民法が成立

ニュース 事件

記事詳細

更新


女性の再婚禁止期間100日 改正民法が成立

参院本会議で改正民法が成立し一礼する岩城光英法相=1日午前、国会(斎藤良雄撮影) 参院本会議で改正民法が成立し一礼する岩城光英法相=1日午前、国会(斎藤良雄撮影)

 女性の再婚禁止期間を離婚後6カ月間とする規定を100日に短縮し、離婚時に妊娠していないことなどを証明できれば禁止期間内でも再婚を認めるとする改正民法が1日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。

 再婚禁止期間が見直されるのは明治31(1898)年の制定以来初めて。公布の日から施行される。改正民法には、3年後に制度の見直しを検討するという付則が盛り込まれた。

 改正民法は再婚禁止期間を100日に短縮した上で、(1)離婚時に妊娠していなかった(2)離婚後に出産した-場合は1項を適用せずすぐに再婚できるとする。この例外適用のために、原則として医師作成の証明書提出を求める。先例にならい、67歳以上の女性には証明書を求めない方針。

 これまでの再婚禁止期間のうち100日を超える部分を「合理性を欠いた過剰な制約で違憲」と判断した昨年12月の最高裁判決を受けた改正となった。

「ニュース」のランキング