産経ニュース

【舛添知事公私混同疑惑】公務の講演料、ファミリー企業に 共産党、都議会で追及へ

ニュース 事件

記事詳細

更新

【舛添知事公私混同疑惑】
公務の講演料、ファミリー企業に 共産党、都議会で追及へ

5月27日の会見に出席した東京都の舛添要一知事=東京都庁 5月27日の会見に出席した東京都の舛添要一知事=東京都庁

 東京都の舛添要一知事の政治資金の「公私混同」疑惑で、都議会の共産党都議団は31日、舛添知事が公務や政務として講演を行った際の講演料がファミリー企業に支払われたケースが6件確認されたとする独自調査を発表した。共産は「多額の講演料が企業収益となっており、公私混同と言わざるを得ない」と批判。1日開会の都議会で舛添知事にただす方針だ。

 共産は平成27年3月から28年4月までの舛添知事の日程表や公用車の運転日誌を調べ、講演会の主催者側に問い合わせるなどして調査。その結果、27年5月から28年3月までに少なくとも公務として2件、政務として4件の講演を行い、講演料の振込先が、いずれも舛添知事の妻が代表を務めるファミリー企業「舛添政治経済研究所」(東京)になっていたという。

「ニュース」のランキング