産経ニュース

岩手の東北道、5台がクマはねる 体長150センチ…周囲の山から迷い込む? 1時間通行止めに

ニュース 事件

記事詳細

更新


岩手の東北道、5台がクマはねる 体長150センチ…周囲の山から迷い込む? 1時間通行止めに

 28日午後7時10分ごろ、岩手県一関市赤荻の東北自動車道上り線で、ワゴン車がクマと衝突し、後続の乗用車4台も次々とクマをはねた。けが人はいないが、クマはその場で死んだ。事故の影響で、上り線の平泉前沢インターチェンジ(IC)-一関ICが約1時間通行止めとなった。

 県警高速隊によると、クマは体長約150センチで、ツキノワグマの成獣とみられる。道路を横断しようとしたところにワゴン車が衝突し、後続の車も避けることができず、相次いでぶつかった。

 現場は一関ICから北に約2キロの片側2車線の直線道路。道路にフェンスは無く、ガードレールのみが設置されおり、クマは近くの山から迷い込んだとみられる。

「ニュース」のランキング