産経ニュース

陸自訓練、複数隊員が数十発実弾誤射 隊員2人軽傷 北海道鹿追町 

ニュース 事件

記事詳細

更新


陸自訓練、複数隊員が数十発実弾誤射 隊員2人軽傷 北海道鹿追町 

 北部方面総監部(札幌市)は24日、陸上自衛隊然別演習場(北海道鹿追町)で実弾誤射があり、実弾を撃った隊員は複数で数十発を発射していたと明らかにした。

 総監部によると、訓練は23日午後、北部方面後方支援隊北部方面輸送隊に所属する約30人が、車両で移動中に敵襲を受け応戦するとの想定で実施。二手に分かれて小銃を発射した際、双方から実弾が発射され、男性隊員2人が軽傷を負った。本来は銃に空包を込めて使うことになっており、実弾は装填されていないはずだった。

 総監部は現場検証するとともに、なぜ実弾が使われたか原因を調べる。

 北部方面後方支援隊長の秋山賢司1等陸佐は「国民の生命、財産を守るべき自衛官がこのような事案を起こし、大変申し訳ない。原因を速やかに調査し、再発防止に努めていく」としている。

「ニュース」のランキング