産経ニュース

【テロを防げ サミット警備の精鋭部隊(上)】空からの脅威を迎撃する無人航空機対処部隊(IDT)の実力は?

ニュース 事件

記事詳細

更新

【テロを防げ サミット警備の精鋭部隊(上)】
空からの脅威を迎撃する無人航空機対処部隊(IDT)の実力は?

警視庁が導入した大型ドローンの訓練の様子=3月24日、東京都江東区の夢の島総合警備訓練場(納冨康撮影) 警視庁が導入した大型ドローンの訓練の様子=3月24日、東京都江東区の夢の島総合警備訓練場(納冨康撮影)

 「懸念材料は、爆弾などによる古典的テロだけではない」。26、27日に開催される主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)。威信をかけて臨む警備について、警察幹部は新たなリスクに神経をとがらせる。「空からの“襲撃”にも対処する必要がある」

 空からの襲撃-。日本では昨年4月22日、このリスクが現実化した。「首相官邸屋上に不審物がある」。官邸の警備員が発見したのは小型無人機「ドローン」。実行犯は約2週間前、誰にも気付かれず、機体を屋上に落下させていた。

 国の原発政策に反発したという実行犯は、放射能を帯びた砂を詰めた容器などを機体に積んでいた。けが人などはなかったが、ドローンがテロのツールともなり得る現実が突きつけられ、衝撃が広がった。

 ドローン悪用のリスクは事件発生当時、既に世界中で認識され、米国やフランスなどでは不審な機体の飛行が続発。危険物を積載し、NBC(核・生物・化学)テロにつながりかねないとの指摘もあった。

   ×    ×

 日本の警察当局も危機感を強め、具体的なリスクの分析や対処法の検討を始めていた最中、官邸への侵入事件が発生。昨年12月、全国警察に先駆け、「無人航空機対処部隊」(IDT)が警視庁に発足した。

このニュースの写真

  • 空からの脅威を迎撃する無人航空機対処部隊(IDT)の実力は?

「ニュース」のランキング