産経ニュース

ウイルス販売の中2手助け、容疑の学校職員の男逮捕 「教える優越感に浸りたかった」

ニュース 事件

記事詳細

更新


ウイルス販売の中2手助け、容疑の学校職員の男逮捕 「教える優越感に浸りたかった」

 少年の依頼でコンピューターウイルスの動作確認を行ってサイバー犯罪を手助けしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は、不正指令電磁的記録提供・同供用の幇助(ほうじょ)などの疑いで、有料サイト「激裏情報」スタッフで洗足学園音楽大職員、阿部健吾容疑者(26)=東京都練馬区=を逮捕した。同課によると容疑を認め、「自分を頼ってきた人の力になり、教える優越感に浸りたかった」と話している。

 同課は昨年11月と12月、中高生にウイルスを販売したなどとして、中学2年だった札幌市の少年=保護観察中=を摘発。その後の調べで、事前に少年が阿部容疑者に依頼し、ウイルスの使用方法を教わっていたほか、動作確認をしてもらっていたことが判明した。

 逮捕容疑は昨年7月から今年4月、ウイルスの動作確認をして、少年がウイルスを販売するのを手助けしたなどとしている。

 激裏情報は違法性を含むとされる情報を提供するサイト。サイトを見た少年がツイッターで連絡を取っていた。

「ニュース」のランキング