産経ニュース

ファウル顔面直撃で女性失明、日ハム球団に賠償命令 札幌高裁 賠償額は減額

ニュース 事件

記事詳細

更新


ファウル顔面直撃で女性失明、日ハム球団に賠償命令 札幌高裁 賠償額は減額

 札幌ドーム(札幌市)の内野席でプロ野球観戦中にファウルボールが当たり右目を失明した女性が、北海道日本ハムファイターズなど3者に約4650万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、札幌高裁(佐藤道明裁判長)は20日、1審判決から減額し、球団に約3357万円の支払いを命じた。札幌ドームと札幌市への請求は棄却した。

 判決理由で佐藤裁判長は、日本ハムについて「安全配慮義務を尽くしたとは認められない」と認定し、1審に続き損害賠償責任を負うと指摘した。札幌ドームについては「球場が通常有すべき安全性を欠いていたとは言えない」とし、瑕疵があったとは認めなかった。

 昨年3月の1審札幌地裁判決は、球団のほか球場所有者の札幌市、管理会社の札幌ドーム(札幌市)に計約4190万円の支払いを命じた。3者は判決を不服として控訴した。1審判決によると、女性は2010年8月21日、夫や子供3人と日本ハム対西武戦を観戦していた際、ライナー性のファウルボールの直撃を顔に受け、右顔面骨折や右眼球破裂の重傷を負った。

 

「ニュース」のランキング