産経ニュース

【舛添知事政治資金疑惑】国民の血税400万円“ネコババ”疑惑 ますます深まる都民の不信

ニュース 事件

記事詳細

更新

【舛添知事政治資金疑惑】
国民の血税400万円“ネコババ”疑惑 ますます深まる都民の不信

新疑惑直撃の舛添都知事。今度はどう答える? 新疑惑直撃の舛添都知事。今度はどう答える?

 東京都の舛添要一知事(67)に、新たな「政治とカネ」の問題が直撃した。代表を務めた政党支部が解散する直前、自身の資金管理団体に計約526万円を寄付していたのだ。このうち、約429万円は税金が原資の政党交付金だった。違法性はないようだが、事実上、税金を還流したものといえ、都民の不信感はさらに過熱しそうだ。(夕刊フジ)

 舛添氏が代表を務めていた新党改革比例区第4支部の政治資金収支報告書によると、2014年1月28日と31日、資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」に計約526万円が寄付されていた。第4支部は舛添氏の都知事選出馬に伴う離党により解散した。

 また、グローバルネットワーク研究会も14年7月末に解散し、資金は段階的に現在の舛添氏の資金管理団体「泰山会」に寄付されていた。

 政党や政治団体が解散した場合、残った政党交付金は総務相が返還を命じることができるとされており、専門家は「解散前に駆け込みで資金を移動させたように見える」と指摘する。同様の行為は、他の国会議員も行っており、メディアで問題視されてきた。

このニュースの写真

  • 国民の血税400万円“ネコババ”疑惑 ますます深まる都民の不信

「ニュース」のランキング