産経ニュース

【清原和博被告初公判(7)】「息子と会えず突発的に買いに行った」 寂しさ、ストレスで覚醒剤 注射器使用は「昨年、初めて」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【清原和博被告初公判(7)】
「息子と会えず突発的に買いに行った」 寂しさ、ストレスで覚醒剤 注射器使用は「昨年、初めて」

当選番号が掲示されると、多くの傍聴希望者が見入った=17日、東京都千代田区の日比谷公園(荻窪佳撮影) 当選番号が掲示されると、多くの傍聴希望者が見入った=17日、東京都千代田区の日比谷公園(荻窪佳撮影)

 《さらに清原被告は「先ほど証拠品として(覚醒剤を)見せてもらったが、とても苦しかった」と述べ、保釈されてからも覚醒剤を使用したいという衝動に駆られたことはないと強調した。その後、弁護人は小林被告と連絡を取るために清原被告が使っていた携帯電話の所在について確認する》

 弁護人「携帯電話は、今はどこにありますか」

 清原被告「弁護士事務所です。弁護士の先生や、ご支援してくれている友人と相談して、新しい携帯電話を持ちたいです」

 《弁護人から「今考えていることは」と問われた清原被告は、「薬物を断つためには何でもやりたい」「きちっと更生プログラムを受けて、薬と立ち向かい、更生するために何でもする」と薬物との決別を何度も強調した》

 弁護人「保釈されたときに、『必ず人の役に立つ人間になる』とメッセージを出しました。今後はどのように生活しますか」

 清原被告「逮捕されてから今日まで、一度も外を歩いたことがない。心と体を健康にすることが、自分のしたいことです。弁護士の先生や、こんな自分にも手を差し伸べてくれる人の意見を聞きながら、考えていきたいです」

清原和博被告初公判のニュース

このニュースの写真

  • 【清原和博被告初公判(1)】小さな声で「無職です」 紺のスーツ、白いワイシャツ姿で入廷し一礼
  • 【清原和博被告初公判(1)】小さな声で「無職です」 紺のスーツ、白いワイシャツ姿で入廷し一礼
  • 【清原和博被告初公判(1)】小さな声で「無職です」 紺のスーツ、白いワイシャツ姿で入廷し一礼

関連トピックス

「ニュース」のランキング