産経ニュース

【清原和博被告初公判(7)】「息子と会えず突発的に買いに行った」 寂しさ、ストレスで覚醒剤 注射器使用は「昨年、初めて」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【清原和博被告初公判(7)】
「息子と会えず突発的に買いに行った」 寂しさ、ストレスで覚醒剤 注射器使用は「昨年、初めて」

当選番号が掲示されると、多くの傍聴希望者が見入った=17日、東京都千代田区の日比谷公園(荻窪佳撮影) 当選番号が掲示されると、多くの傍聴希望者が見入った=17日、東京都千代田区の日比谷公園(荻窪佳撮影)

 《弁護人は清原被告が覚醒剤から決別できるかどうかを確認していく》

 弁護人「今後、覚醒剤をやめることはできますか」

 清原被告「逮捕されて以来、いろんな本を読み勉強しました。大変厳しい、怖い薬物ということが分かりました。日々一日一日、覚醒剤と向き合い、自分の寿命が来るまで戦いたい」

 弁護人「どうしてやめることができるのですか」

 清原被告「こうしてここにいることや、逮捕されて留置場にいたときに、自分自身、そして覚醒剤についてずっと考えていました」

 《正面にいる吉戒純一裁判官をまっすぐ見つめながらも、時折声を震わせながら質問に答える清原被告。弁護人の質問は、逮捕後の取り調べの様子に及んだ》

 弁護人「取り調べの最中に覚醒剤を使いたくなったことはありますか」

 清原被告「ありません」

 弁護人「取り調べで(覚醒剤の)量を再現する際に、白い結晶を用いると思いますが、使いたいという気持ちになったことは」

 清原被告「(取り調べ中に)刑事さんに覚醒剤のようなものを見せられて、気分が悪くなり、取り調べを中止してもらいました」

清原和博被告初公判のニュース

このニュースの写真

  • 【清原和博被告初公判(1)】小さな声で「無職です」 紺のスーツ、白いワイシャツ姿で入廷し一礼
  • 【清原和博被告初公判(1)】小さな声で「無職です」 紺のスーツ、白いワイシャツ姿で入廷し一礼
  • 【清原和博被告初公判(1)】小さな声で「無職です」 紺のスーツ、白いワイシャツ姿で入廷し一礼

関連トピックス

「ニュース」のランキング