産経ニュース

【清原和博被告初公判(6)】「本当に申し訳…あぁぁ」声を震わせ謝罪 現役時代は「覚醒剤、使っていません」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【清原和博被告初公判(6)】
「本当に申し訳…あぁぁ」声を震わせ謝罪 現役時代は「覚醒剤、使っていません」

前のニュース

 《覚醒剤を使用したなどとして、覚せい剤取締法違反(使用、所持、譲り受け)の罪に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)の初公判。元プロ野球選手の野球評論家、佐々木主浩氏(48)の証人尋問が終わると、清原被告に対する弁護側の被告人質問が始まった。吉戒純一裁判官に促され、一歩一歩踏みしめるようにして証人席に座った清原被告は沈痛な表情をしていた》

 弁護人「プロ野球選手になり、初めてユニホームを着たのはいつですか」

 清原被告「1986年2月1日です」

 弁護人「30年後の2月1日に覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕されました。どう思いますか」

 清原被告「本当に情けないです」

 弁護人「選手時代には、ファンの方からたくさんの声援をもらっていましたが、今、その人たちにどのような気持ちを感じますか」

 清原被告「大変怒り、失望されたと思います。本当に申し訳…あぁぁ」

 《在りし日の栄光と今日の落差を感じて胸中にこみ上げるものがあったのか。清原被告は掠れた声を震わせ、謝罪を最後まで言い切ることができなかった》

 弁護人「裁かれる立場になってどう思いますか」

 清原被告「プロ野球を目指す子供たちにも申し訳ない。野球界にも大変なことをしてしまい申し訳…はぁぁ」

 弁護人「家族に対してはどう思いますか」

 《家族のことを問われると、清原被告は大きく深呼吸し、答えた》

 清原被告「…○○、○○(息子2人の名前)。2人の息子には、本当に申し訳ない気持ちです」

清原和博被告初公判のニュース

清原和博被告初公判の写真

  • 【清原和博被告初公判(9)完】「犯罪で報道される姿を息子たちに見せたくない」更生誓い、閉廷後に佐々木氏と握手
  • 【清原和博被告初公判(8)】「14歳で電気屋の息子が全国区になり、社会に適応できず…」 自らの半生、振り返る
  • 【清原和博被告初公判(7)】「息子と会えず突発的に買いに行った」 寂しさ、ストレスで覚醒剤 注射器使用は「昨年、初めて」
  • 【清原和博被告初公判(5)】「ごめんなさい、すまない」…電話で謝罪された佐々木氏、「2回目はないと信じている」
  • 【清原和博被告初公判(4)】「高校時代からライバル。最高のバッター」 盟友、佐々木主浩氏の出廷にうつむく清原被告

関連トピックス

「ニュース」のランキング