産経ニュース

風俗嬢30キロ尾行の秋田大職員起訴 ストーカー規制法違反罪 大学側「司法の判断待つ」

ニュース 事件

記事詳細

更新


風俗嬢30キロ尾行の秋田大職員起訴 ストーカー規制法違反罪 大学側「司法の判断待つ」

 風俗店従業員の女性につきまとったとして秋田大大学院理工学研究科の技術部物質科学系技術専門員、小松芳成容疑者(56)=秋田県大仙市清水乙沖田=が逮捕された事件で、秋田地検は小松容疑者をストーカー規制法違反の罪で起訴した。

 起訴状などによると、小松被告は先月15日と21日、秋田市の風俗店付近で車で待ち伏せし、30代の女性従業員の車を約30キロ尾行するなどつきまとったとしている。

 小松被告は、女性が立ち寄り先に着いた時間や車の車種、ナンバーとともに立ち寄り先の写真をネット掲示板に投稿していた。

 職場は病気で長期休暇中だった。秋田大は「司法の判断を待ち、処分を含めた対応を検討する」とのコメントを発表した。

「ニュース」のランキング