産経ニュース

【野球賭博】福田ら3元投手、書類送検へ 斉藤容疑者、暴力団関係者と接触

ニュース 社会

記事詳細

更新

【野球賭博】
福田ら3元投手、書類送検へ 斉藤容疑者、暴力団関係者と接触

 プロ野球巨人の元投手らによる野球賭博事件で、客として野球賭博に参加していたとして、警視庁組織犯罪対策4課が賭博の疑いで、福田聡志元投手(32)ら3人の巨人元投手を書類送検する方針を固めたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。福田元投手らの野球賭博を仲介していたとされる大学院生の男も立件する方針。

 捜査関係者によると、書類送検するのは、巨人の福田元投手と高木京介元投手(26)、松本竜也元投手(23)の計3人。福田元投手は平成27年、プロ野球の試合などに賭けた疑いが持たれており、高木、松本両元投手は26年、プロ野球の試合に賭けた疑いが持たれている。

 大学院生の男は日本野球機構(NPB)が野球賭博常習者と認定しており、福田元投手のほかに笠原将生容疑者(25)=賭博開帳図利幇助容疑で逮捕=の野球賭博も仲介していたとみられる。

 また、これまでの組対4課の調べで、野球賭博を開催したとして賭博開帳図利容疑で逮捕された無職の斉藤聡容疑者(38)が暴力団関係者と接触を繰り返していたことも判明した。

 斉藤容疑者は東京都内で経営していた飲食店で、暴力団関係者を公言する常連客と接触を繰り返していたという。

続きを読む

「ニュース」のランキング