産経ニュース

園児にわさび塗った保育士有罪 東京地裁「卑劣な犯行」

ニュース 事件

記事詳細

更新


園児にわさび塗った保育士有罪 東京地裁「卑劣な犯行」

 勤務先の保育園で、男児の口にわさびを塗った唐揚げを押し込んだとして暴行罪に問われた保育士、南木愛美被告(28)に東京地裁は25日、懲役1年2月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

 寺尾亮裁判官は判決理由で「乳幼児を保護、養育すべき立場にありながら、ほとんど抵抗力のない被害者に暴行を加えた卑劣な犯行だ」と指摘。一方、被告は当時長時間勤務で強いストレスにさらされていたと認め「非難の程度を弱める事情と言える」とも述べた。

 判決によると、昨年9月22日午前8時半ごろ、東京都北区赤羽の無認可保育園「保育ルームキッズスタイル赤羽園」で、男児の口にわさびを塗った唐揚げを押し込んだほか、今年1月15日午後には別の男児の両手首を縛り、口に粘着テープを貼り付ける暴行を加えた。

「ニュース」のランキング