産経ニュース

【ハンセン病特別法廷】最高裁が「違法だった」と認め謝罪 「差別を助長し、人格・尊厳を傷付けた」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【ハンセン病特別法廷】
最高裁が「違法だった」と認め謝罪 「差別を助長し、人格・尊厳を傷付けた」

 ハンセン病患者が当事者となった裁判を裁判所外に隔離して設置された「特別法廷」で審理した問題を検証してきた最高裁は25日、調査報告書を発表した。会見した最高裁の今崎幸彦事務総長は「昭和35年以降は合理性を欠く差別的運用だった」として、特別法廷とした手続きが裁判所法に照らして違法だったと認めた上で「差別を助長し、人格・尊厳を傷付けたことを深く反省しお詫び申し上げる」とハンセン病患者に謝罪の意を表明した。

 最高裁が設置した外部の有識者委は「憲法に定められた平等・裁判公開の原則に反し違憲だった疑いがある」と指摘しているが、今崎事務総長は違憲性は認めなかった。

 最高裁が過去の裁判手続きに関し、不適切だったことを認めて謝罪するのは極めて異例。

「ニュース」のランキング