産経ニュース

裁判員裁判の少年事件で初の死刑判決 最高裁で上告弁論 弁護側が死刑回避を求める

ニュース 事件

記事詳細

更新


裁判員裁判の少年事件で初の死刑判決 最高裁で上告弁論 弁護側が死刑回避を求める

 宮城県石巻市で元交際相手の姉と友人の2人を殺害し、男性1人にも大けがを負わせたなどとして殺人罪などに問われ、1、2審で死刑とされた元解体工の男の被告(24)=事件当時(18)=の上告審弁論が25日、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)で開かれた。

 弁護側は、「犯行当時は18歳になったばかりで未成熟だった。計画性も乏しい」と死刑回避を主張、検察側は「犯行時が少年とはいえ、執拗(しつよう)かつ残忍な犯行で結果は重大だ」と上告棄却を求めた。

 判決期日は後日、指定される。最高裁は2審が死刑判決の場合、慣例として弁論を開く。1審は裁判員裁判の少年事件で死刑が言い渡された初めてのケースだった。

 1審仙台地裁は「犯行状況や結果の重大性から考えれば、更生の可能性は著しく低い。犯行当時少年だったことは死刑回避の決定的事情とはいえない」と求刑通り死刑を言い渡した。2審仙台高裁も「極めて身勝手で短絡的な犯行で、死刑を回避する理由はない」と1審を支持した。

 1、2審判決によると、元少年は平成22年2月10日朝、元交際相手の少女宅に押し入り、少女の姉=当時(20)=と友人=同(18)=を牛刀で刺殺し男性1人に重傷を負わせ、少女を連れ去るなどした。

「ニュース」のランキング