産経ニュース

ストーカー容疑で秋田大職員逮捕 不祥事相次ぐ 

ニュース 事件

記事詳細

更新


ストーカー容疑で秋田大職員逮捕 不祥事相次ぐ 

就任会見で信頼回復を表明した秋田大の山本文雄学長だったが…=1日、秋田市手形学園町の秋田大(渡辺浩撮影) 就任会見で信頼回復を表明した秋田大の山本文雄学長だったが…=1日、秋田市手形学園町の秋田大(渡辺浩撮影)

 女性につきまとったとして、秋田県警秋田中央署は21日夜、ストーカー規制法違反の疑いで大仙市清水乙沖田、秋田大大学院理工学研究科技術部物質科学系技術専門員、小松芳成容疑者(56)を逮捕した。

 逮捕容疑は15日と21日、30代の女性を秋田市内の職場で待ち伏せし、商業施設まで車でつきまとうなどしたとしている。同署は女性から相談を受け、車のナンバーなどから小松容疑者を割り出した。女性は小松容疑者とは面識がないと話しているという。

 技術専門員は専門知識や技術を生かし、教育や研究の支援のための技術開発や学生の技術指導を行う職員で、小松容疑者は金属加工が専門。

 産経新聞は理工学研究科の村岡幹夫科長への取材を申し込んだが、同科事務部は電話の取り次ぎを拒んだ。広報課は「誠に遺憾であり、深くおわび申し上げます」とする山本文雄学長のコメントを発表した。

「ニュース」のランキング