産経ニュース

三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見

ニュース 事件

記事詳細

更新


三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見

三菱自動車の燃料試験における不正行為に関して記者会見する相川哲郎・取締役社長兼COO(右)ら=20日午後、東京都千代田区の国土交通省(伴龍二撮影) 三菱自動車の燃料試験における不正行為に関して記者会見する相川哲郎・取締役社長兼COO(右)ら=20日午後、東京都千代田区の国土交通省(伴龍二撮影)

 三菱自動車の相川哲郎社長は20日、記者会見を開き、軽自動車4車種の燃費試験で実際よりも燃費をよく見せる不正行為を行っていたことを明らかにし、謝罪した。国土交通省に報告し同日、4車種とも生産・販売を停止した。購入者への補償も検討している。第三者委員会を設置し、国内・海外向けの車両について原因究明を進める。

 相川社長によると、不正が明らかになったのは、平成25年6月から生産した「eKワゴン」「eKスペース」と、日産自動車に供給した「デイズ」と「デイズルークス」。今年3月末現在で三菱自動車が15万7千台、日産自動車が46万8千台を生産している。

 4車種の型式認証を取得するため国交省に提出した燃費試験データを、国内法で定められた方法以外の方法で測定した上、規定より低い数値を使った。データは車両が走行する際にタイヤと空気の抵抗を測ったもので、正規の試験を受けた場合、燃費は5-10%悪くなるとみられている。

このニュースの写真

  • 三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見
  • 三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見
  • 三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見
  • 三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見
  • 三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見
  • 三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見
  • 三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見
  • 三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見
  • 三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見

「ニュース」のランキング