産経ニュース

【熊本地震】ナイフで切り裂かれたように亀裂が入っていた…上空から見た被災地、懸命の捜索活動が続く

ニュース 事件

記事詳細

更新

【熊本地震】
ナイフで切り裂かれたように亀裂が入っていた…上空から見た被災地、懸命の捜索活動が続く

崩落した黒川第1発電所の施設。流れた土砂が民家に迫っていた=17日、熊本県南阿蘇村(本社チャーターヘリから、三尾郁恵撮影) 崩落した黒川第1発電所の施設。流れた土砂が民家に迫っていた=17日、熊本県南阿蘇村(本社チャーターヘリから、三尾郁恵撮影)

 鬱蒼と茂っていた山林が、土砂とともに斜面にそって崩れ落ちていた。土砂は、木材の固まりと化した麓の家屋をのみ込むように覆い尽くしている。17日午前、捜索活動が続く熊本県内をヘリコプターで上空から取材した。

 阿蘇山に近い南阿蘇村では、16日未明に起きたマグニチュード7・3の地震で、多くの土砂崩れが起きた。捜索が行われている「ログ山荘火の鳥」では2人の行方が分かっていない。山荘付近では重機とならんで、200人近くがスコップで山を削る。

 「県警ヘリ、火の鳥山荘方面に向かいます」-。無線から声が聞こえる。上空では捜索隊のヘリも飛び交った。並んでいたはずのログハウスは、土の下に埋もれて見えない。

 少し離れた住宅街では、一部の家屋が土砂の山に家ごとのみ込まれていた。被災者を乗せているのか、土砂の上を捜索隊が列を作りストレッチャーを運ぶ様子が見えた。周辺に広がる芝生には、ナイフでズタズタに切り裂かれたように亀裂が入っている。3日前までは、阿蘇山麓の美しい風景を売りにしたゴルフ場だった。

このニュースの写真

  • ナイフで切り裂かれたように亀裂が入っていた…上空から見た被災地、懸命の捜索活動が続く
  • ナイフで切り裂かれたように亀裂が入っていた…上空から見た被災地、懸命の捜索活動が続く
  • ナイフで切り裂かれたように亀裂が入っていた…上空から見た被災地、懸命の捜索活動が続く
  • ナイフで切り裂かれたように亀裂が入っていた…上空から見た被災地、懸命の捜索活動が続く

「ニュース」のランキング