産経ニュース

海保、尖閣警備の専従部隊を披露 最新型巡視船など12隻

ニュース 事件

記事詳細

更新


海保、尖閣警備の専従部隊を披露 最新型巡視船など12隻

沖縄県・石垣港の巡視船「あぐに」=16日午後 沖縄県・石垣港の巡視船「あぐに」=16日午後

 海上保安庁は16日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の警備を専門とする「尖閣専従体制」が整い、拠点となる沖縄県・石垣島の港で披露式を開いた。石垣海上保安部に配備された1500トン級の最新型巡視船10隻を含む12隻が専門で任務に当たる。

 人員は約600人で港周辺には新たに桟橋や船艇基地、宿舎、倉庫が整備された。平成24年の尖閣国有化後、領海警備で全国から巡視船などの応援を受けていたが原則不要になる。

 石垣海上保安部の宮崎一巳部長は、中国公船に対する警備に関して記者団に「不測の事態を避けて事態をエスカレートさせないのを基本に冷静かつ毅然として対応したい」と話した。式典に合わせて、20ミリ機関砲や遠隔放水銃、停船命令表示装置を装備した巡視船「あぐに」を公開した。

このニュースの写真

  • 海保、尖閣警備の専従部隊を披露 最新型巡視船など12隻
  • 海保、尖閣警備の専従部隊を披露 最新型巡視船など12隻
  • 海保、尖閣警備の専従部隊を披露 最新型巡視船など12隻

「ニュース」のランキング