産経ニュース

生活保護費265万円不明 鎌倉市生活福祉課で保管 窃盗事件か

ニュース 事件

記事詳細

更新


生活保護費265万円不明 鎌倉市生活福祉課で保管 窃盗事件か

 神奈川県鎌倉市は15日、平成22年から27年にかけて生活福祉課で保管していた生活保護費約265万円がなくなったと明らかにした。市の調査で発覚し、昨年9月に被害届を提出。県警が窃盗事件として調べている。

 鎌倉市によると、保管されていた現金は、海外転出や就職、死亡などの理由で本来支給が打ち切られている人の保護費だった。実際に支給していないのに、市職員が支給明細書兼領収書に受領印を押していた。

 生活福祉課のキャビネットで保管。施錠していたが、鍵のある場所は多くの職員が知っていた。松尾崇市長は記者会見し「事務処理が極めてずさん。税金に対する一人一人の責任感が欠落している」と話した。

「ニュース」のランキング