産経ニュース

【熊本震度7】回送中の新幹線脱線、けが人なし 過去にも上越新幹線で発生

ニュース 事件

記事詳細

更新

【熊本震度7】
回送中の新幹線脱線、けが人なし 過去にも上越新幹線で発生

 熊本地方で震度7を記録した地震を受け、九州新幹線の回送列車(6両編成)が14日夜、熊本駅から車庫へ向かう途中で脱線した。地震の影響による可能性があるという。列車には乗務員以外、乗客は乗っておらず、15日午前0時時点でけが人は確認されていない。新幹線の脱線は平成16年の新潟県中越地震での上越新幹線などでも起きている。

 国土交通省によると、現場は熊本駅の南側で、熊本総合車両所への引き込み線上。国交省で脱線の詳しい状況を調べている。JR九州の担当者は「高架橋など鉄道施設に被害は確認していないが、点検を急いでいる」と話した。

 九州新幹線は安全確認のため上下全線で運転を見合わせ。在来線でも一部路線で運転を見合わせるなどした。JR九州の担当者は「在来線も遅れるなど混乱し、乗客の対応をしており、なかなか情報が入ってこない」と焦りを募らせた。

「ニュース」のランキング