産経ニュース

【熊本震度7】活断層による直下型か 益城町付近は活断層の“交差点”

ニュース 事件

記事詳細

更新

【熊本震度7】
活断層による直下型か 益城町付近は活断層の“交差点”

倒壊した家屋=14日、熊本県益城町影(中島信生撮影) 倒壊した家屋=14日、熊本県益城町影(中島信生撮影)

 防災システム研究所の山村武彦所長は「比較的浅い場所で活断層が動いた直下型と思われる。このタイプは震源の真上の狭い範囲で揺れが大きくなり、大きな被害をもたらす。震源が浅いと余震が頻発する可能性が高いので、当分は警戒が必要だ」と話す。

 一方、益城町の北東約30キロには活火山の阿蘇山があるが、山岡教授は「山から離れており、噴火の引き金にはならないと思う」と指摘。東北大の長谷川昭名誉教授(地震学)は「一般論では地震でマグマが揺すられ火山噴火を誘発することがある。必要以上に恐れてはならないが、十分注意する必要がある」と話す。

「ニュース」のランキング