産経ニュース

【甘利氏現金授受問題】UR補償交渉、元秘書接触後に増額…2000万円ずつ、2段階で

ニュース 事件

記事詳細

更新

【甘利氏現金授受問題】
UR補償交渉、元秘書接触後に増額…2000万円ずつ、2段階で

UR千葉業務部の家宅捜索を終え、押収物を車に積み込む東京地検の係官ら=9日午前4時29分、千葉県印西市(後藤徹二撮影) UR千葉業務部の家宅捜索を終え、押収物を車に積み込む東京地検の係官ら=9日午前4時29分、千葉県印西市(後藤徹二撮影)

 甘利明前経済再生担当相の現金授受問題をめぐり、あっせん利得処罰法違反容疑で都市再生機構(UR)などが捜索を受けた事件で、甘利氏側に現金を渡していた千葉県白井市の建設会社「薩摩興業」とURの道路工事をめぐるトラブルについて、甘利氏側がURに接触後、URから薩摩興業側に補償金額が提示され、2段階で増額されていたことが9日、分かった。東京地検特捜部は、難航していた補償交渉が甘利氏側の接触後に進展していることから、不透明な交渉経緯や口利きの有無などについて捜査を進めるもようだ。

 8日夜に始まった捜索は9日朝まで行われた。夜通しの捜索は異例。URの千葉業務部(千葉県印西市)と薩摩興業のほか、横浜市のUR本社や薩摩興業の総務担当だった一色武氏(62)の神奈川県秦野市の自宅が捜索されていたことも、新たに判明した。

このニュースの写真

  • UR補償交渉、元秘書接触後に増額…2000万円ずつ、2段階で

「ニュース」のランキング