産経ニュース

【埼玉失踪女子保護】「弁解することない」「少女と何の面識もなかった」寺内容疑者容疑認める

ニュース 事件

記事詳細

更新

【埼玉失踪女子保護】
「弁解することない」「少女と何の面識もなかった」寺内容疑者容疑認める

 車で移送される寺内樺風容疑者=31日午前9時1分、静岡県伊豆の国市  車で移送される寺内樺風容疑者=31日午前9時1分、静岡県伊豆の国市

 平成26年3月に行方不明となった埼玉県朝霞市の中学3年の女子生徒(15)が東京都中野区内で保護された事件で、埼玉県警朝霞署捜査本部は31日午前、未成年者誘拐の疑いで、同区東中野、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)を静岡県内の病院で逮捕した。同容疑者は28日未明に伊東市で身柄を確保されたが、自殺を図ったとみられ首に傷を負って入院したため、県警は回復を待っていた。

 逮捕容疑は平成26年3月10日、朝霞市内で女子生徒を誘拐し、28年3月27日までの間、千葉県と東京都中野区の自宅まで連れ回したとしている。捜査本部によると寺内容疑者は「間違いありません。弁解することはありません」と容疑を認め、「誘拐した女子生徒とは何の面識もありませんでした」と話しているという。

 捜査本部によると、寺内容疑者は今年2月、女子生徒と共に東京都中野区のマンションに転居。女子生徒は今月27日、寺内容疑者が外出した際にマンションを逃げ出し、同日午後0時半すぎ、近くのJR東中野駅の公衆電話から自宅の母親に電話した後、「助けてほしい」と110番通報。同駅前で警視庁中野署員に保護された。

 埼玉県警は28日未明に寺内容疑者を指名手配。寺内容疑者は同日未明、静岡県伊東市で血だらけの状態で立っているのを新聞配達員の男性に発見された。首にけがを負っており「カッターナイフで切った。自殺しようとした」などと話していた。

 捜査本部は今後、寺内容疑者の取り調べを行い、女子生徒を誘拐して部屋に閉じ込めていた2年間の状況などを捜査する。

「ニュース」のランキング